稚内の牛乳のおいしさを知っていただきたくて!

  • 稚内牛乳は、春から秋にかけて放牧され、美味しい牧草を腹いっぱい食べて育った牛から搾った生乳だけを使用したノンホモ低温殺菌牛乳です。

  • 稚内の牧場で生産された牛乳はそのほとんどがバターや脱脂粉乳等の加工用として使用されているため、稚内に住んでいながら稚内の牛乳を飲む事が出来ませんでした。

  • 消費低迷が叫ばれている中、地域の皆様に牛乳本来の美味しいさを知って頂くために「稚内牛乳」の製品販売を始めることにしました。

  • 稚内の生産者が手塩にかけて、育てた牛から生産された牛乳を低温で殺菌処理し乳成分もより自然に近いまま皆様にお届け致します。

    最北の恵みを是非一度味わってみて下さい。
▲ページトップへ戻る

 稚内牛乳の美味しさのヒミツ その1 低温殺菌法で殺菌

  稚内牛乳は、ノンホモ低温殺菌牛乳です。低温殺菌(LTLT)法とは、65度、30分保持殺菌法のことで、現在広く流通していて、皆さんが口にする機会の多い超高温殺菌牛乳とは殺菌方法が違います。
   
  超高温殺菌法(UHT)は130度2秒の短時間で殺菌できるうえ、殺菌精度も高い(ほぼ滅菌に近い)のですが、牛乳の風味は損なわれてしまいます。(特有の焦げ味がついてしまいます)
   
  稚内牛乳は低い温度で時間をかけて殺菌しているため、牛乳本来の風味を残したまま殺菌する事ができます。しかし、この方法だと一部の高温耐性菌を殺菌する事ができない為、消費期限は超高温殺菌牛乳に比べると短くなってしまいます。そのため、製造時間、消費期限の面から大量生産、大量消費に向かない牛乳となってしまいますが、生産地域でしか飲むことのできない、地域に根ざした牛乳です。

 稚内牛乳の美味しさのヒミツ その2 ノンホモジナイズ牛乳

  稚内牛乳はノンホモ低温殺菌牛乳です。
ノンホモとは、ノンホモジナイズの略で、牛乳に含まれている脂肪球をホモジナイズ(均質化)していない牛乳という意味です。
   
  本来牛乳は静置しておくとクリーム分が分離して浮いてくるのですが、現在流通しているほとんどの牛乳は機械的に脂肪球を細分化してクリーム分が分離しないようにしています。しかし、これによって牛乳本来の風味を損なわれてしまいます。
   
  稚内牛乳では、この工程をあえて行わないことで、消費者の皆様に牛乳の本来の姿を見て、そして味わっていただこうと思っています。また、ノンホモ牛乳は、脂肪球が大きいままのため、まれにおなかがゆるくなる時がありますが、これは製品が劣化しているためではありません。どうぞご了承ください。
 
 ▲ページトップへ戻る

 稚内牛乳をたっぷり商品 

 稚内牛乳

 手作りソフトクリーム

 手作り
アリスクリーム

     
 (バニラ、宗谷産塩、抹茶、チョコ)

 竹墨のシュークリーム

 生キャラメル


(ホワイト、ミルク、チョコ)
 

絶品アイス発売中!

  • 2007年4月に稚内市の稚内農業協同組合と沼川農業協同組合が共同出資して、低温殺菌ノンホモ牛乳を製造するプラントを作りました。これが『稚内牛乳』です

  • 当初からソフトクリームは製造していたのですが、「アイスクリームはないの?」という要望が各方面からあり、今春から稚内牛乳アイスクリームを販売いたしております。

  • アイスクリーム開発にあたっては、「安定剤、乳化剤などの添加物はなるべく使わず安心・安全なもの」「大人から子供まで美味しく食べられる味」「稚内の特産物を生かした味」と・・・試行錯誤を繰り返し、バニラ味、抹茶味、チョコ味、宗谷産の塩味の4種類が出来上がりました。
    アイスクリーム
  • バニラ味・・・ミルクの風味をなるべく残すように
  • 抹茶味、チョコ味・・・甘さを抑えて大人の仕上がりに
  • 地元宗谷の海水から作った塩を使った塩味・・・甘さの中に少ししょっぱさを感じるように仕上げました
▲ページトップへ戻る

 お求め先・・・

 稚内市港1丁目6番8号
 稚内副港市場内 稚内牛乳
 電話:0162−23−5770
詳しい地図で見る 
稚内副港市場
| JA稚内のホームページ | 稚内牛乳の特長 | 稚内牛乳たっぷりメニュー | アクセス |